拡張機能がFirefoxのバージョンに対応していない場合のインストール方法

最終更新 : 2011年05月09日 | この記事をはてなブックマークに登録

拡張をインストールしようとしたら下のような表示が出たときに、強制的に拡張をインストールしてしまう方法についての説明です。

install1.png

これから説明する方法で100%インストールできるとは限りません。また強制的にインストールすることで何かしらの不具合が出る可能性もあります。あくまで自己責任であることを理解した上で実行してください。

◎自力でする場合(Windows XP版)

1、XPIファイルをダウンロード
2、拡張子をzipに書き換えて、その後zipフォルダを解凍
3、フォルダの中にあるinstall.rdfファイルを、メモ帳にドラッグ&ドロップで内容を編集できるようにする。
4、文字列の下の方の「<em:maxVersion>×.×(×.×はバージョン)</em:maxVersion>」の部分を「<em:maxVersion>2.0.0.*</em:maxVersion>」のように、自分が使っているFirefoxのバージョンに書き換えて上書き保存。
5、install.rdfと同じディレクトリのchromeフォルダの2つを選択し、「右クリック」⇒「送る」⇒「圧縮(ZIP形式)フォルダ」でzipファイルに変換。
6、拡張子をxpiに書き換える

で編集作業は終了で、できあがったxpiファイルをFirefoxにドラッグ&ドロップすれば、拡張がインストールできるはずです。

◎拡張機能で対応させる場合(Windows XP版)

1、MR Tech Local Installという拡張機能をインストール
2、この拡張機能が入った状態で、拡張機能をインストールしようとすると下の画像のように「マックスバージョン互換性の照合を無視する」という表示が出るので、これにチェックを入れてから「インストール」ボタンを押すと、バージョンが対応していない拡張機能もインストールすることができます。


install2.png


<以下 2011年5月追記>
◎拡張機能で対応させる場合(Firefox4.0以降対応)

MR Tech Local Install改めMR Tech ToolkitがFirefox4.0以降に対応していない為、追記します。

Firefox4.0以降に限らず、Add-on Compatibility Reporterという拡張機能をインストールすることで、互換性チェック機能が無効化され、非対応のアドオンが有効になります。動くかどうかは別ですが。

Mozilla謹製の拡張機能ですので、今後も安心です。
この記事へのコメント
TargetIconを使用したくて探したらbanpe-yuさんのこのページを見て、対応したら無事に動くようになりました。Linkをはらせて頂いております。(TrackBackが無いようなので)ありがとうございました。
Posted by A Little Bit at 2006年11月09日 23:39
どうぞどうぞ♪
リンクはってくださってありがとうございます☆

これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
Posted by けめ at 2006年11月18日 17:21
お気軽にコメントどうぞ♪
お名前:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。