User Agent Switcher -Firefox拡張機能-

最終更新 : 2006年03月23日 | この記事をはてなブックマークに登録

User Agent Switcher  install(英) >>

User Agentを偽装することができるようになる拡張機能。例えばこの拡張機能でUser AgentをIE6に偽装してサイトを訪れると、サイト管理者にはFirefox使用で閲覧しているのではなく、IE6を使用しているように見えます。

UserAgentSwitcher1.png

FirefoxのUser Agentは
『Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.8.0.1) Gecko/20060111 Firefox/1.5.0.1』

ですが、この拡張を使用すると↓の様になります。
『Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)』

サイトを見ようとすると「このサイトの閲覧にはIE〜以上の環境が必要です」などと表示されるサイトなどで、この拡張を使うとFirefoxでもサイト閲覧が可能になることがあります。

User AgentはCyberSyndromeというサイトのENV Checkerで確認できます。
この記事へのコメント
お気軽にコメントどうぞ♪
お名前:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。